やっつのすうようざい

八つの枢要罪(暴食、強欲、色欲、憂鬱、憤怒、怠惰、虚飾、傲慢)のこと。

しかし好きになることが悪いことではないし、欲望を持つことが単純に悪いことでもない。

結局、放射する気ないよねというのが大問題。

結局、与える気がないよねというのがSPが見ている8つの枢要罪。

凄いシンプルなはずなのに、最もらしくしちゃった時、偶像だしスピっているし、ただ暗くただ不健康なだけ。

蹲踞をやっていれば、それが分かる。

24時間与えようという気概で生きていないと、目をつむったら対(つい=縁起)がないから、行くべき軸がなくなるのです。

そこで感謝で、もっと自分の固定点を捨てて、勇気を持って勇敢に生きていないと駄目なんです。

戦友に生きててほしいと思っていないと目をつむった時、脳の矢印が必ず自分になる。

その後は仮観しかなくなる。

そして響社長は語りかける

「蹲踞している最中もいないだろ?亅

「”あげたい“と思う人はいるのかよ?亅と。