ゆにばーさるでざいん

人体はユニバーサルデザイナー=アダムカドモン”=内的秩序時空法則そのもの、ゆらぎと重ねられたユニバーサルデザインである。

この6D(=ユニバーサルデザイナー)は、
子宮の中の赤ん坊の形=6D法則=ユニバーサルデザイナー)が裏返って人体(=ユニバーサルデザイン)が生まれる、のシンボルです。

このユニバーサルデザイナーはユニバーサルデザインと吸引し合って常に新しいユニバーサルデザインを更新している。

それが時空における学び合いの意味です。

それは触覚知性こそユニバーサルデザイナーであり、相手のユニバーサルデザインを感じることで、相手のユニバーサルデザインはより美しく更新されるという事なのです。

美的感性とは、ユニバーサルデザイナーとして外に傾聴すること。

ユニバーサルデザイナーは肚を機能させること、かたや頭を機能させるのは固定点

「ありとてあるもの」とは、ユニバーサルデザイナーとユニバーサルデザインがどちらもある状態のことユニバーサルデザイナーがつくったのがロゴス

ロゴスの結晶がユニバーサルデザイン、

下腹重心になるとロゴスがかさなり、相手のユニバーサルデザインを感じ、相手のユニバーサルデザイナーを引き出せるようになる。

また太陽評議会の母船は、ユニバーサルデザインの記憶を貯めている船である。

ただし、ユニバーサルデザインはユニバーサルデザイナー(相互性)を通してでないと偶像になってしまう。

だから太陽評議会は、ユニバーサルデザイナーとしてユニバーサルデザインをかさねまくる旅に出る。

そしてユニバーサルデザインにかさねまくったものを、惑星から発生した鉱石にチャージし、銀河レベルの記憶を運び続ける。

さらにその母船すらも固定点にならないよう、新たな惑星に入植し、そこで新たな美を見出だし重ねる。

そして、新たなユニバーサルデザインを更新するために、人体を男と女に分け寿命を設けたのです!!

遺伝子の鎖のが増え更新されると、ユニバーサルデザインは両性具有に近づいていく。

人体は”空洞”だからこそ、ユニバーサルデザイナーとかさなりあうことができる!
そうでないと、回転し続けることができない
もしくは、回転し続けるためにこそ空洞になっている。
 
ユニバーサルデザインを持つ人体は、宇宙で唯一空洞感を感じることができる存在(「上虚下実」の上虚とは空洞のこと)。

ユニバーサルデザインとは、ユニバーサルデザイナーが3次元に色音形を反響させた「影」でもある。

その影(=ユニバーサルデザイン)に居着くと、影(固定点)から出られなくなる。

空洞感とは、影をつくっている光源(=ユニバーサルデザイナー)にふれ、影(=ユニバーサルデザイン)を影として認知すること。

頭重心では、影しか見えないため影を影だと認識できない。

ユニバーサルデザイナー(相互性=対)とユニバーサルデザイン(ありとてあるもの)がこの体を創ってくれたことをふまえれば、体と心そして対関係性との分離はあり得ず、体を教師として素直に傾聴できるはずです。