たいにん

文字通り頭ではなくカラダ全身を使って認知する行為を意味する。

カラダの触覚は頭以上に賢く状況を判断し、目の前の世界が体内存在としての『五層対時空MAP』との重なりの反映として認知されてる超現実であるその事実を、頭以上に正確に実は瞬時に理解している静電気のアンテナであると、青春エイリアンズでは明るい生命の科学を教わっている。