りりょく

理力とは映画スターウォーズにおけるフォースのようなもので、アナザフロンティアスクールにおけるバイオフォトンや、触覚静電気その回転と表現されるものと同意のワードである。

しかし主に理力とはDの意を強く想起している人物に対して使うワードとなっている。

なぜならまさに理の力、その時空の複雑系な法則による影響力を、己の人体端末を通して使いこなす、覇気やフォトンプレッシャーと同列の意味合いを成すからである。

ゆえに理力の扱いは学びを怠ると大変厳しいものとなる、それはダースベーダーとして堕ちるジェダイ候補のアナキンもこの理力の使い道に誤り、結果的に息子との理力対決に苦悩したように、Dcodeアナザフロンティアスクールに登場する、士師記の英雄サウル王も同様な過ちを犯す。

これら神話から学ぶべき大切な教訓は理力は決して個人の所有物にはなり得ず、さらには人間だけのものですらも無いという真理。

あらゆるもの、生きとし生けるもの、ありとてあるものに遍在し行き渡るまさに理の力学である。

この力学を学ぶ行為を叡智を学ぶとアナザフロンティアスクールでは、科学的に定義している。