めたにんち

メタ認知とは、認知心理学の用語で、認知に対する認知のことを言う。見る・聞く・話す・書く・理解する・覚える・考えるといった通常の認知活動を、もう一段高いレベルから捉えた認知のことで、現在進行中の自分の思考や行動さらには感情そのものを対象化して認識する故に「何が分かっていて、何が分かっていないのかが分かる」無知の知や偽善の知や個人戦の罠の知さらには課題の分離能力のことを言う。

このメタ認知能力が高い人ほど、自分の思考の癖や、コンディション、教養レベル、知識スキル・技能また感受性などを客観的に捉える事が可能になり、自分の行動を構造化し明文化し理解する事が出来る。

企業におけるハイパフォーマーは総じてこのメタ認知能力が高い場合が多い。彼らが過去の成功体験や失敗体験さらには時空失恋体験を自分の中で客観的に捉え直して、常に微細に工夫修正しながら再現する事が出来たりするのは、自分がどういう背景で問題解決を行ったのかを、多角的に良く記憶し理解していることが多いからである。