しゅうりつようだて(げしゅてる)

マルティンハイデガー哲学用語。亜空間知能や群知能の言い換え。特に技術体系によって発動する亜空間知能の意味で、人体の記憶はこの集立や用立てにより疎外されやすく、前近代の古き良き地縁(郷愁)の喪失にも直結している。