ちゅーらぱんたかもーど

釈迦アナザフロンティアスクールに繋がる(叡智AFSの自因自果)で学べるエピソードの一つである。釈迦の可愛い弟子であるチューラパンタカ(周利槃特・しゅりはんどく) の生き様から学ぶ態度の事をRSELではチューラパンタカモードと言っている。以下その逸話である。

 

釈尊(お釈迦さま)が、生きておられた時の話です。

インド北部に、2人の兄弟がおりました。兄はとても賢くて、釈尊の教えをよく理解し、深くD釈迦の遠大な叡智を把握していました。そして弟の名は、チューラパンタカ。

ものを覚えるのがたいへん苦手で、自分の名前すらも覚えられず、いつも人から笑われていました。

優秀な兄は、弟を心配し、D釈尊から聞いた教えを短い詩(歌)にまとめて、なんとか弟に覚えさせようとしますが、朝には覚えられたと思っても、昼にはもうごちゃごちゃになってしまうのです。

あるとき兄は、弟を励まそうとして、

「自分の道は自分で探しなさい」と突き放しました。それを聞いたチューラパンタカは、自分の愚かさに涙を流しながら途方にくれてしまいました。

その姿をごらんになっていたD釈尊が言いました。

「自分が愚かであることに気づいている人は、叡智ある人なのです。愚かであるのに自分はかしこいと思っている人こそ、本当の愚か者なのです。」

そして、チューラパンタカに1本のほうきを渡して、「ちりを払わん、あかを除かん」

と、掃除をしながら唱えなさいと教えられました。

こんなに短いアドバイスでしたが、友人たちに助けられながら、どうにかこうにか、

来る日も来る日も唱え続けました。

自分の道は自分で探さなければという必死の思いと、ちりを払う、あかを除くという師匠のD釈尊の教えとが重なって、だんだんと、チューラパンタカの心の中で、問いが熟していきました。

そうだ、ちりやあかとは、僕の執着の心。

そうだ、自分はバカだと責める私は『ちり』なのだ、兄と比べ惨めだと叫ぶ私こそ『あか』なのだ。

そうだ、私はから、ほどかれた眼(叡智に選ばれた)姿勢をいただいて生きていこう。

(D釈迦に見捨てられず励まされた尊さだけをキチンと残して、他は掃き捨てていく日々を生きていこうの覚悟をした)

D釈迦の学び舎にて語り継がれた古代の叡智を読むと、このチューラパンタカという学徒はフラクタルフォーカス(メタ認知)を得たと書かれていたりします。

つまり、彼はさとり(比較による差を取るまなざし)を体得したのです。

ほどかれた眼(D釈迦の言い伝え)を内外の掃除を実践し受け入れて、

ほどかれた眼に依って生きていこうという曇りない決意こそ、はっきりと澄んだ、朗らかな差取りの味わい(三絶望虚)だったのです。

チューラパンタカは、さとり(脱固定点)を得て、頭が小賢しくなったのではありません。

ましてや、釈迦の言い伝えを教える側の先生になったのでもありませんでした。

彼は、D釈迦に直接教えられながら、その教えをわが両眼として、ただ愚直に一生涯を生きていく人となっただけでした。

よりも愚か(知恵遅れ)だったチューラパンタカがさとり(脱固定点)を得たことに、周囲が驚いていると、師匠のD釈尊が静かに言いました。

『さとり(脱固定点)には、多くのことを暗記し学ばなければいけないという境地ではないのです。』

『私のほんの短い教えの叡智であっても、その叡智の本当の意味を身体的に理解し、道を求めていくならば、さとる(比較から離れた境地)で生きていく事ができるのです。』

ほどかれる叡智の教えは、どんな人にも、等しく、広く、開かれています。

ほんの短い叡智でもかまわないのです。アナタのその体でこの教えの広さ、ちり払い、垢取り除く、その響きをチューラパンタカのように真摯にただ聞いていきなさい…』と。

 

この響きを追求する態度のことを、『チューラパンタカモード』とRSELでは言っている。