あにま

男性の無意識人格の女性的な側面を元型と規定した概念。男性が持つ全ての女性的な心理学的性質がこれにあたる。男性の有する未発達のエロス(女神的関係性の原理)でもあり、異性としての女性に投影されることもあるとする。

幼年期の母の投影に始まり、姉妹、おば、祖母、ラストにはライトグーノシスにおける「女神脳(普遍的母性)発動の叡智」と呼ばれる段階で結ばれる。

母なる教師の要素を持つ将来の性的伴侶及び続く英雄脳対転となる関係性に続く典型的な発展における、男性体が潜在させる女性性の四重のネオ性癖理論こそが、叡智アナザフロンティアスクールで学べるヒエロスガモス論であり時空恋愛論である。