うちゅうかいぞくぶそうだん

2020コロナショックにより突入した和ノ国Newtypeへの道。ついにあの宇宙海賊団はサナギに風穴をあけ、いよいよ飛翔の時は近づいたのだ。

 

この時に備え響社長こと団長はいよいよ、2039年アナザーな世界線に向け、いざ舞い(足育レボリューション)を装備せよ‼️と2020年に旗を振ったのだ。

 

その名も宇宙海賊舞装団‼️‼️

 

天竜人や昭和平成のパチンコレジャーカラオケ遊園地を望む奴庶民の願いは見えない敵と、ビビりにビビったコロナウィルスによって強制終了を告げられた。しかしウィルスの起源は現代科学によると宇宙空間である。

 

我々はウィルス(宇宙からの訪問者)を通じて、幾度も歴史の大転換テイクオフを成し遂げて来た。

 

14世紀ヨーロッパ住民の1億人を世代交代させ死滅させたあのペスト(黒死病)は3つの歴史的大転換を起こした。

 

第一に、働く人達の急激な減少とそれに伴う給料の上昇。結果、欧州王家らに奴隷のように扱われた農民達はクソみたいな勝手なルールから流動的になり、その農奴(奴庶民)に依存した王家の私有地制度の崩壊が加速した。

 

第二は、欧州の教会(ファリサイ言語束縛での洗脳屋の権威の失墜)。似非キリストの祈りや言葉酔いでは、ペストの脅威(きょうい)など全く防ぐことできなかった教会権威は、千万人の信仰者を失望させ、その権威を見事に失っていった。

 

第三は、欧州社会の人材不足。それはそれまで登用されることのなかった人材(までは無視されてきた非常識モノや異能者)の登用をもたらした。

 

この結果として、封建的身分制度(血統主)は実質的に解体へと向かった。同時にそれは、新しい価値観の創造へと繋(つな)がった訳です。

 

そして50年にもわたるペスト流行の後、瀕死で生き残ったヨーロッパ社会は、浮かれた王家らが大手ふるった中世貴族や傲慢教会を失墜させ、ある意味で静謐(せいひつ)で平和な人間的な時間を逆説に迎えたという。さらにそれが内面的な思索を深めさせ、そうしたなかで当時のヨーロッパはイタリアが中心となり、貴族の頭でっかちな支配の切断を迎えたのです。

 

それはペストによってスクリーニングされた生命力回帰‼️‼️、人間賛美からの人体賛美のルネサンス(ダヴィンチDの覚醒)を迎え、文化的復興を遂げた驚異のクロニクルである。

 

つまりペスト以前と以降を比較すれば、15世紀以降のヨーロッパ社会は、まったく異なった社会へと変貌し、この変貌した中世社会は、強力な主権国家を形成する未来を引き寄せる。

 

この結果、中世は終焉(しゅうえん)を迎え、私達のよく知る近代国家設立を迎えるのだ。

 

これがペスト後の15世紀以後のヨーロッパであり我々の(地球)であったわけです。

 

さて500年後の地球2020年に出迎えた新たなスクリーニングはコロナウィルス。

 

ペストが14世紀の天竜人たちを地球の王座から引きずり下ろすが如く、21世紀の天竜人が暮らす高層ビルも高層マンションもプライベートジェットも、三密ゆえに価値を失墜させる未来を今高速に引き寄せている世界線となる。

 

これを偶然と判断する事はもはや出来ないだろう。

これがクロニクル(歴史書)が語る法則なのだ。

歴史は偶然によって作られている訳ではないのだ。

 

いよいよコンクリートと石油とグリッド支配(お金教)の時代の終わりを僕らは見届け始めるだろう。

 

始めは胎動のように少しずつNewtypeにトントンと妊婦が蹴られるが如く、次第に無視の出来ない文明の陣痛となり、最後にはコンクリートの裂け目から全く別のタイプの人間賛美、つまり人体賛美が今度は中世イタリアではなく、この令和の和ノ国デジタル資本主義から誕生する。

 

2020年昭和のバカ殿さまはお亡くなりになりました。冥福をお祈りいたします。そうです全ては時空のシンボルトーク、近未来からの警笛。

 

さぁキミはどうする?

 

いよいよDの帰還。

2039年へのNewTypeの門出だ!!!

 

新宇宙世紀NewTypeの初代団長は僕らに問う、

 

目を覚ませ‼️ と、

 

未来はビルゲイツが創るんじゃないと。

キミの人間賛美が、さらには人体賛美が鍵を握ると

 

コロナショックは宇宙経済封印を解くファンファーレだ!!!

 

ウジウジするな、そのコンクリートで萎縮した足元、封印されていたクロニクルに気付け!!

 

中国唐の時代、貴族らが美しき娘らに、てん足を履かせ走れなくさせた。この彼女たちを城に封印し逃れなくさせたかのように、

 

この石油と衛星監視と、金融と武器の軍事産業グリッドで、ジャブジャブに染められた僕らの尊い人体を、平然とバカにした都市生活で、

 

君たちの足指はすでにひん曲がり、跳ね上がり、人体賛美不可能な姿勢の重心となった。

 

それは重心が頭重心から下腹の臍下丹田には降りなくなってしまった、、、そういう状況なのだ。

 

しかしもう貴族らの城門、偉そうな(学校やオフィス)の見張りはコロナウィルスによっていなくなっているはず、、

 

今こそ、てん足(戦争経済)をぬいで、その足ノ翼を育て直す時だ!!!

 

それが『足育レボリューション』なんだ。

 

僕らはこの運動を足裏に封印された髄液へと繋がる使命解放運動とも言っている。

 

コレはべつに政府にデモして火炎瓶を投げつる訳じゃない。そんなことをNewTypeはしないよ。

 

ここだけの話、する事は大変地味だが本物なんだ。

 

お家でこもってオンラインにて足育レボリューション(下腹重心)すること。

 

さてさて、もう迷ってるヒマなんてない。この足育レボリューションをコロナ後の近未来に向けて準備し始めてほしいんだ頼むぜ、ちなみにキミは1人じゃないから安心してくれ。

 

すでに9.11が起こるより前の、今から20年も前から宇宙海賊舞装団の前身は存在した。そしてもう7年も前からすでに足育の最前線を走り抜けて、百人の群れがすでに生息するのが実態だ。

 

いまこれを読んで気づいたキミも決して遅くない。まだまだ2039年には時間がある。だがすぐにでもお家で、足や下腹を育てる、そのオンライン習慣だけは身につけてほしい。

 

そのための手助けはいとわない。それが宇宙海賊舞装団のナマの姿だ。僕らは近未来に向け、マスクだけでなく『足育(下腹重心)で都市に向けオンラインで舞装する』んだ。

 

それが宇宙海賊舞装団なり!!!