使い古された既存の言葉を用いることで、私たちはその言葉にこびり付いた余分な情報空間(亜空間知能)を無意識のうちに共有してしまいます。したがってRSELでは、単純なわかりやすさよりも「概念の再言語化」を優先しており、頻繁に新しい言葉が誕生します。そこで『宇宙海賊団専用辞書』では、響社長による造語や、RSELにおける難解な概念を解説しています。

– 新着宇宙海賊ワード –

劣化長頭人

れっかちょうとうじん  長き進化を遂げた長頭人種族はその超科学文明により、病気はしだいに惑星から消えていき、それと同時に、彼らの大多のアイデンティティーも消えていき、彼らの中から…

長頭人

ちょうとうじん  長頭人とはこの広い宇宙にある人型のスペースピープルの一種である。寿命は2000歳〜3000歳で脳内容積は私達人間の三倍以上ありDNA螺旋は6鎖以上の生物である。…

人体テザリング

じんたいてざりんぐ そもそもテザリングとは、WAN(Wide Area Network)に接続する機能を有するモバイル端末をアクセスポイントとして設定し、通信を中継することにより、…

ウロボロス

うろぼろす ウロボロスとは、古代の象徴の1つで、己の尾を噛んで環となった蛇もしくは竜を図案化したもの。このウロボロスには1匹が輪になって自分で自分を食べてしまうタイプがあり、RSE…

秩序(段取り)マンワーク

ちつじょ(だんどり)まんわーく 四大ワーク属性の一つで、組織全体から生じる成果物(多数決の結果)に敏感な働き方が得意な人達で、その多数者が造る構造主的な思考フレームを段取り良く手…

– 索引 –