ちぎょうごういつ/ちこうごういつ

結局、人は認知(知り得た)ことしか行動にならないの意味。

なので自分の人生を振り返ってみると行動になってない場面は、その行動の必要性を本人は全く認知(知り得て)ないという歴然とした事実があるというのが知行合一の意味である。

さらには例えば行動しない行動出来ないという場合には、その行動しない出来ないことをその本人が認知(知り得てる)に過ぎないのです。

この概念を知行合一と呼びます。和の国アナザフロンティアスクールではこの知行合一という叡智を学べます。

ちなみに知ったら行動に移さないと意味がないとか、またはただ知るだけじゃ身につかないという捉え方を知行合一だと勘違いする人も多いですが、これは間違いなので気をつけましょう。

大事なのは知る事と動く事は厳密に分離することは不可能であるという洞察なのです。