たらんと

Dcodeアナザフロンティアスクールの(聖書Bible超解析講)マタイによる福音書 第25章14~30節にあるタラントの例えという話から連想する叡知ワードである。

Dイエスはマタイ25章で量子飛躍(時空転移)の備えを3つたとえ話からお話しされました。「十人のおとめ」「タラントの話」「羊とやぎの話」です。上記の叡知ワードは二つ目のタラントのたとえです。

ちなみにテレビのバラエティ番組に出演する人をタレントと言います。英語のタレントはタラントという言葉がもとの言葉だといわれます。タレントという言葉の「才能」という意味から、テレビで脚光を浴びる人をタレントさんと呼ぶようになった訳です

 

以下意訳です。

Dイエスはこう話します。「その主人は,ある家来には5タラント,別の家来には2タラント,さらに別の家来には1タラントと,各自の能力に応じて家来に財産を与えてから,外国へ行きました」。

では家来たちは委ねられたもので、主人が留守の間に何をしていくでしょうか?主人の期待に沿って委ねられたものを勤勉に用いるでしょうか?

Dイエスはこう続けます。

「5タラントを受け取った家来はすぐに出掛け,それで商売をして,さらに5タラントを手に入れました。2タラントを受け取った家来も同じように,さらに2タラントを手に入れました。しかし,ただ1タラントを受け取った家来は,出掛けていって地面を掘り,主人のお金を大事に隠しておきました」。

さて,主人が戻ってきた時にどうなりますか。Dイエスはこう話します。「長い時がたち,主人が来て,家来たちと清算をしました」。

最初の2人の家来は「各自の能力に応じて」ベストを尽くしました。委ねられたものを使って勤勉に熱心に働き,利益を生み出しました。

5タラントを受け取った家来も2タラントを受け取った家来も,委ねられたものを2倍にしたのです。(当時,1タラントを稼ぐには19年ほどかかりました。)主人はその2人の家来に同じ褒め言葉を掛けます。「よく働きましたね、あなたは忠実な良き家来です! わずかなタラントにも関わらず忠実でした。では続いて多くのものを管理させるためにあなたを任命しましょう。主人である私と共に喜びなさい」。

しかし,1タラントを受け取った家来はこう言います。「ご主人さま,あなたが厳しい方で,種をまかなかった所でも刈り取り,脱穀しなかった所でも集める身技をお持ちなのを知っていました。それで怖くなりあなたの1タラントを地中に隠しておきました。さあ,お返しいたします」。

この家来はお金を銀行家に預けることもしませんでした。そうしていれば,少なくとも幾らかの利息が付いたでしょうに、この家来は主人の期待を裏切ったのです。

当然のこととして,主人はその家来を「怠惰な悪い家来」と呼び,委ねていたものを取り上げ,喜んで勤勉に働く家来にそれを与えます。

そしてこう言います。「持っている家来は皆,さらに与えられて満ちあふれる。しかし,持っていない家来は,すでに持っていたものまでも取り上げられます」。

以下超訳。

 

①主人がし家来に預けた財産(記憶)

本来タラントはお金の単位です。当時の一日の労賃が1デナリです。1タラントは6,000デナリに相当します。日当が10,000円とすれば、1タラントは6,000万円です。

タラントは相当大きなお金の単位であることがわかります。そのためにタラントという単位はユダヤ社会の日常生活ではあまり使われることはありませんでした。

ところがDイエスはこのたとえ話の中でタラントの単位を使いました。それはそれほど価値あるもの(教え)を本当は預けらているのですよの、弟子への強い諭しを比喩していたのだと思われます。

このある主人が三人の家来にそれぞれ五タラント、二タラント、一タラントを預けて旅に出ましたという一説、ちなみに主人が桁違いの超お金持ちであることは、主人が帰ってきてお金の精算をする時、預けたお金(1タラント6千万)を「わずかなもの」と言ったことでわかります。

それもそのはず、このたとえ話の主人とは、人ではなく無限の生産力をもつ『時空』であるとDイエスは言われています。

確かに時空なら、世界の事象はすべて時空のものですから、この時空の主人にとって何タラントでも間違いなく少額でしょう。

ところが人間では大富豪であっても、所有するものを永遠に貯蓄することはできません。わたしたちは地上に生かされている間、一時的にその財産の管理をただ任されているだけなのです。

ではなぜ預けた金額が違ったのでしょう。それは「それぞれの能力に応じて」とあります。

五タラント預かった家来には、五タラントに値する才能があると考えられます。そこから才能や能力をタレントと呼ぶようになったと言われてる訳です。

 

②与えられた賜物(記憶タラント)の使い道。

かなり時がたってから、主人が旅から帰ってきて、いざ家来に預けた清算が行われます。

五タラント預かった家来はそれをもとに、見事もう五タラント儲けました。

主人はこの家来をねぎらいます。主人は家来の商才や管理能力をほめているのではありません。ほめているのは彼の忠実さ(ギピストス=信頼できる)所です。

彼は主人が自分に大金を預けてくれたので、その愛と信頼に応えようと忠実に働いたのでした。

同様に二タラント預かった、家来も倍の四タラントにして返しています。

主人(時空)は忠実に働いた家来たちに「あなた方はわずかなものに忠実であったから、多くのものを後は管理させよう」と言ってごほうびをくださいます。

主人は財産が増えたことよりむしろ、忠実な家来たちに感激して喜んでいます。

ところが1タラント預かった家来だけは、主人を信頼するどころか恐れをなしてしまい、1タラントを地に埋め隠してしまいます。

この場合主人が怒った理由は、1タラントも増えていないことではありません。

せっかくの主人(時空)の期待を裏切り、自分に預けられた能力(タラント)の生成発展を諦め、怠けて地に埋めてしまい、預けられたタラントを少しも活用しなかった臆病な態度をまさに怒ったのです。

結果1タラントは取り上げられて十タラント増やした者に、その1タラントを授けてしまいます。

 

③時空がキミに託したものは!?

このたとえは進化した時空(惑星群への入国審査)について説明しています。やがてDイエスと同レベル以上の時空派遣者(教えられる者)が再び来られるとき、Dの者と縁起ある者は時空五層対の干渉結果で決算が始まります。

だから私達はD(叡知を教えられる者)がいつ来られても良いように備えておくべきなのです。

時空は私達の人生が能力に応じて生かせるように、たくさんの能力や財産(記憶)を与えられています。

それらの宝(記憶)は浪費するためでなく、それを用いて活かしより豊かにすることです。

与えられた記憶(タラント)を活かして生成発展する。そのように生きることを時空は望まれていて、それを一緒に五層対の結果として喜んでくださるのが実際の宇宙の姿です。

1タラントでも6,000万円ぐらいの値打ちはあるわけですから、2タラント5タラントと比べて自分にはわずかなタラントしかないと落ち込む必要など全くありません。

むしろ1タラントを大切にして自分のような無知な者でも、これだけのものを預けてくださったと時空を素直に傾聴し、本質的に信頼します。

喜んで1タラント(今ある得意)を生かすことです。1タラントを生かしきるために失敗やリスクを恐れず、そのタラント(記憶)の生成発展の冒険に乗り出していくことです。

このタラント(記憶)は使えば使うほど豊かになります。ちなみにキミも土に埋めていませんか?

時空がキミに託されたタラント(記憶)を発見するたびに、キミは抑圧せず、磨き上げ生かし日々チャレンジし用いていますか?