しゃむらい

日本語の「さむらい」はヘブライ語だと「シャムライ」(守る者、護衛)が相当し、「さむらう(侍う)」は「シャマル」(見張る、護衛する)となるそうです。

このようにサムライはヘブライ語において、を護る者という意味であるとアナザフロンティアスクールでは学べる。

このサムライとシャムライが相似している日本史の謎解きはDcodeアナザフロンティアスクールにて学べます。

さらには日本語の「トル」とヘブライ語の「トル」(取る)、「あなた」「アンタ」とヘブライ語の「アンタ」(貴方)、「ほら(洞)」とヘブライ語の「ホラ」(穴、洞)、「みつ」と「ミツ」(果汁)、「かごめ(籠目)」と「カー・ゴメ」(葦を編んだもの)、「やどる」と「ヤドゥル」(住む)などはそっくりであると言われてます。