ねんげみしょう

「お釈迦さまが弟子を相手に始めて説法した記念日のこと。仏教の真髄を伝えるのに言葉を使わずに、かたわらに咲いていた蓮の花をひねってみせた。多くの弟子が、意味がわからず呆然としている中、たった一人の弟子だけが、お釈迦様の真意を見抜き、微笑み返した。」

この類い稀な弟子(摩訶迦葉)だけがこの意味を悟り、微笑み返したので、お釈迦さまは彼だけに悟りの秘伝を授けたとされています。これが拈華微笑の真意です。

この伝説ゆえに、現在では言葉を交わさなくとも真心が伝わる事、つまり「以心伝心/テレパシー」をも意味する言葉として拈華微笑は釈迦AFSにより語り継がれています。