けいとのたま

毛糸の玉とは人体ユニバーサルデザインの比喩のひとつで、これは触覚静電気が人体の周囲にどのような形の情報場を発電してるかを便宜上説明した叡智ワードでもある。

この静電気の毛糸の玉の特徴は、中心に空洞の柱(1人1時空1小宇宙)が立つ事であり、各個人の人体量子場のスピンが回転しながら五層対の外部環境を巻き取り、自因自果を瞬時に受信放射し因縁果を現象化させていると推理する。

このさまの例えをアナザフロンティアスクールでは毛糸の玉と呼んでいる。