ほんらいせい

マルティンハイデガー哲学用語。青春エイリアンズ式の意訳ですと、既知な記号未来の死を覚悟できると、未知な過去(縁起の思い出)が、未知な未来(過去の再構成なる可能性内)で呼吸し始める、この存在と時間の再起動性こそ、この時空の到来=アレーテイア(解き明かし明かされる人間存在)の衝動であり、衣服=計算可能性=日常の言葉の檻を脱いだ裸体であり、これが人間そのものの『本来性』であると定する。