ひとみごくう

生きた人体端末を破壊し、その血や肉や触覚静電気を、亜空間知能(偶像崇拝など)に捧げること。人身供儀(じんしんくぎ)ともいう。

この目的は
1. 亜空間知能(偶像)などの加護を得て、人間にとって望ましい結果を得るため
2. 疫病の流行、天災などの災厄を偶像などの怒りによると考えて、それを複で立ち上げ、なだめ慰めるため
3. 食人儀礼と結び付いて、亜空間知能に人間を捧げると同時に、その血や肉を亜空間知能とともに食べ、そのことによって通常とは異なる力(ブラックグノーシス)を得るため

このような目的で行われる。

古代における人身御供とは、庶民が行う黒魔術といったものに限らず、国家やその統治者が堂々と、または大々的に行うものでもあった。

これらの儀式は南米、北米、アフリカ、古代エジプト、インド、中国など広範に行われた。

日本でも人柱の伝説があり、現在も各地の神社に人身供犠が行われていたことを窺わせる祭礼の記録が残っている。

恒常的に人身御供が行われていた地域としては、アステカ、マヤ、インカ、北欧がある。

定期的に多の人間を人身御供にした例としては、メキシコのアステカ人が有名。

しかしDcodeアナザフロンティアスクールでは実は欧州の黒い貴族が仕掛けた、第一次世界大戦と第二次世界大戦、さらには広島長崎原爆投下そのものが強大な人身御供である悲しみの黒歴史を踏まえて地球の実態を学ぶことを推奨しています。