へんざい/ゆびきたす

アナザフロンティアスクールにおけるユビキタスとは「何時でも何処でも意識せずに、ぬくもりを感受し活用できることtelepathy」です。

そもそもユビキタス(ubiquitous)とは「同時にどこにでも存在する」ことを意味する英語の形容詞です。

しかしながら日本語では「ユビキタスコンピューティング」の略として登場することが多く、その場合「いつでもどこでも、利用者が意識する事無く、コンピューターやネットワークなどを利用できる状態」をさすことになります。

具体的には「カーナビが渋滞状況を把握した上で道案内してくれる」「品物を持ったままコンビニを出ると、自動的に代金が引き落とされる」「自宅に来客があると、携帯電話がそれを知らせてくれる」などの近未来の情報科学環境がこれに当たります。

そしてこのような環境を実現した社会を、ユビキタス社会などと呼びます。

さらに元来ユビキタスは近代ラテン語に登場する神学(キリスト教)の概念でもあり。

「Dイエス・キリストが、時間や空間を超越して遍在(あらゆるところに存在)すること」をさす概念です。

ですからこの語のもともとの意味は「同時にどこにでも存在する」というよりは

「何時でもどこでも存在する可能性」という意味だったということになります。

のユビキタス(=同時にどこにでも存在する)を表す場合は、「遍在」という言葉を使用することができます。「“遍”在」であって「“偏”在」ではない点に注意してください。

まずはスマホの世界で後益々ユビキタス化は進むでしょうが、元々は私達のもっと身近にウェアラブルしている触覚静電気こそ、遍在でありユビキタスであると、アナザフロンティアスクールでは教えている。