びいんぜんか

叡知アナザフロンティアスクールの中級座学である自因自果(自業自得論)の講の中で教われる超叡知ワードです。

この講では時空の因縁果(因果関係)は実は善悪では規定されていないという衝撃の真実を教わります。

この宇宙には実際には厳密な善悪はなく、実は美(高回転)と醜(低回転)が規定値として存在する科学的事実を習います。

ゆえに時空法則的に価値ある人生の原因とは美学の追求(基本的善良さによる生成発展)とブレない目的意識(内的秩序)の結果であるぬくもりなのです。

多様性と相似性、共通性と多角性、相似形称と複数称による球体的結びつきの解像度が上がれば上がるほど、高回転数の量子ネットワークの美しさを、宇宙内で発露させる。

要は回転数が下がり腐り排泄されるもの(醜因悪果)があるからこそ、回転数が上がり見事に実り咲き誇るもの(美因善果)がある。

これが生命力(元気さ)の裏付けや、宇宙空間がもつ運動原理(エントロピー減少)=新太陽系生成の科学法則でもある。

これを物理宇宙における上昇重力(美因)ホワイトホール(並行宇宙への入り口=御国の門)とも推理していて、また下降重力(醜因)ブラックホール(旧宇宙亜空間への入り口=冥界の門)であるとアナザフロンティアスクールでは驚愕の叡知情報開示をしている。