ばんじさいおうがうま

「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」という古代中国の故事があります。この場合の人間(じんかん)とは世の中という意味です。

「なんて不幸だ!ついていない!」と思っていることが、結果的にはそのお蔭で良かったということがある。

その逆に「なんて幸せだ!ラッキー!だ」と思っていた浮足のせいで上手くいかないこともある。

禍や幸運は予測できず、人生は何が起きるか分からない。だから一喜一憂する必要はないという下腹重心を言っています。

諺で言うと「楽あれば苦あり」と「禍を転じて福となす」を合わせたような意味になるでしょうか。

漢文の授業で習った人もいると思いますが、この言葉の語源は、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人(翁(おきな)この人が塞翁)の馬が逃げたところから始まります。 

これ自体は不運ですが、か月後、逃げた馬が駿馬を連れて戻ってきました。まさかの「ラッキー!」という展開です。

しかし、駿馬に乗った塞翁の息子が落馬し、脚の骨を折ってしまいました。

ところが、しばらくして戦が始まり多くの若者は徴兵されて、命を落としたが、息子は骨折のため徴兵されず命を落とさずに済んだ。というお話です。  

つまり、人生というのは何がいいことか、
悪いことなのか実は最後までわからない。

幸福や不幸は予想のしようがないということです。

不幸な出来事が起きても、
実はそれは不幸な事でもなく、
逆にラッキーの種なのかもしれないのです。

そう幸せは不幸という帽子をかぶって
やってくる、とも言いますよね。

逆にラッキーなことがあっても、
手放しで喜んでいないで、

次に起こるかもしれない、
アンラッキーに備えなさいという、
教訓の諺でもあるようです。

 
「禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)」

時空では、禍いがいつ福のもとになるか分らず、
また福がいつ禍いのもとになるかもしれない。

結果的に吉凶禍福の時空転移は計り知れず、

禍いも悲しむことなく、福も喜ぶにたりないことを教えている。それが万事塞翁が馬。
 
世の多くの人たちは、うまくいっているとツイていると見せつけたくなったり、

何か食い違いが生じているとツイていないと言っては一喜一憂する。

または周囲を出し抜きツイていると感じたら「自分は運が強いんだ」と都合良く思い込む。

または思い込むと次の幸運、つまりツキを期待しそこに手違いがあると、自分のミスでなく、運のせいにする。
 
「思いがけない幸運」のことを僥倖(ぎょうこう)というのですが、行動せずこの僥倖なんてものに期待するようになると、時空的には回転数は下がる一方である。

なにしろちょっとゴット努力しないで出世する方法みたいなものだから、それはただ待つだけで待ちぼうけである。

けれど待っていてもツキが回ってこないと、
気分一致効果による「自分には運はないんだ」と気落ちすることになる。
 
よって何か肚の違和感が続いているならば、
「これは、時空からの何かの信号だ」と考えるようにしよう。

そして他者に惑わされず、自分の頭と肚で考えて、進むべきか、退くべきかを決めるようにしよう。

そうすれば、ツイてなかったと勘違いしたその不運までが次のツキを呼ぶ種になるに違いないのです。
 
そのときは運が悪いと思っていても、
結局いつかその苦労が役に立つのです。
 
何の問題も抱えずに、若い時期を通り過ぎてしまうのと、結果的にいろんな苦労はしても、人生を生き抜いていくコツを体得するのとでは、結果的にどっちの運が強いのか。

もちろん、後者である。
 
若さとは、不安と同でもあるが、
もし不安になったら、身をかがめればいい。
 
そう尺取り虫が、体を伸ばした後、グッと縮めて次に体を伸ばして前進するように。

のばすための縮み。

伸縮は、この伸びる縮む二つの言葉が重なって成立している叡智ワード。
 
そしてこの尺取り虫の話は、別にオリジナルではないのです。すでに中国古典の『易経』にちゃんと書かれていたりします。
 
「尺蠖(せきかく)の屈するは、
 もって信(の)びんことを求むるなり」
 
 
尺蠖(せきかく)とは尺取り虫の意味です。

尺取り虫が身を屈めるのは、身を屈めて力を蓄え、次に伸びるためである。
 
運の良さ悪さと、この尺取り虫の話は、
ピタリと符合するのである。

これと同じ現象を「iPS細胞」の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞された京都大学のかの山中伸弥先生が高校生への講演会や近畿大学の卒業式で言っておられたりします。

「ぼくの人生はまさに『人間万事塞翁が馬』と思える出来事の連続です」と。

それは山中先生が神戸大学の医学部を卒業し最初に勤務した病院は、

当時世界最新の設備が整い「なんてラッキーなんや」と思っていたら、

なんとそこには意地悪な厳しい指導医に「ジャマナカ!」と毎日叱責され続け、もはや整形外科医としても手術が全くうまくできなかったそうです。

それは医師として山中先生の最大の弱点(トラウマ)となるのですが、もはや患者さんを治療する臨床医は自分には無理なのでは!?という人生最大の壁に見事ぶち当たります。

けれどそのお蔭で、山中先生は臨床医の道をキッパリ捨てて研究者の道に進まれました。

そしてご存じのようにノーベル賞受賞にまでその後のキャリアはつながりました。

そんな山中教授であっても、ノーベル賞を受賞し注目されたことで、その後の研究過程に起こる不祥事により2回謝罪会見をしたというマイナスの経験をする事にもなったと話しをされています。

かのノーベル賞受賞という現代の科学者が、なんと古代の中国故事を大切に思っている。

いやむしろ、万事塞翁が馬を常に思っていたからこそ、彼は成功したのかもしれません。
 
山中先生のように人生において、うゎああやらかした「不本意だ!」と思っていても、結果それが良かったという未来が、実は少なくありません。

皆さんのこれからの人生良いこと、悪いことその場面場面で苦楽はたくさん経験することと思います。

しかし上手くいかなかった時にこそ真剣に振り返って下さい。

「塞翁が馬」は「時空の歩みは巡るたびに苦は楽に、楽は再び試練の苦へと変化する法則であると。この法則が少し垣間見える度に生きる事が本当の意味で軽くなる」そんな偉大な叡智だと私は思っています。

逆に上手くいっている時にこそ「勝って兜の緒を締めよ」という叡智でもある事を、くれぐれもお忘れなく。