使い古された既存の言葉を用いることで、私たちはその言葉にこびり付いた余分な情報空間(亜空間知能)を無意識のうちに共有してしまいます。したがってRSELでは、単純なわかりやすさよりも「概念の再言語化」を優先しており、頻繁に新しい言葉が誕生します。そこで『宇宙海賊団専用辞書』では、響社長による造語や、RSELにおける難解な概念を解説しています。

– 新着宇宙海賊ワード –

みずみずしさ

みずみずしさ RSELにおいて、『みずみずしさ』とは内なる神聖また内なる可能性の光を指す言葉である。この『みずみずしさ』は変化を拒み固定化する態度からは決して生じ得ない。水は留まれ…

無情緒

むじょうちょ 例えばキミが思考しながら目の前の環境と足元の心模様を分離して、無情緒に人体端末体育や蹲踞をしても、決して下腹重心には至れない。   この無情緒性は宇宙経済には大敵であ…

情緒

じょうちょ 情緒とは心模様とは違い高度な感情体験を意味していて、そこには忘れがたい相互的フィーリングがまとわれている。 情緒とは個人的感情とは違い、親切さや共感性が基礎となる人体の…

カラダ叱らレボリューション

からだしかられぼりゅーしょん キミはカラダから教わる気があるだろうか?   おそらく知らない異国の言葉を検索して、その言葉の意味を知って頭で暗記した事ならキミにもあるだろう。   …

足育レボリューション

あしいくれぼりゅーしょん コロナショックで思考停止せずお家で足育することの意味。   20世紀から21世紀初頭までお金の量によって積み上げた都市生活に封印されたのは、実は僕らの足だ…

舞装する(下腹重心を体得する)

ぶそうする(かふくじゅうしんをたいとくする) 宇宙海賊舞装団、団長の響社長が下腹重心の動きを舞いで表現することを『舞装する』と言う。 この舞装の動きを見取り稽古することで、普段、自…

– 索引 –